HOME>コラム>原状回復工事で悩んでいる方は必見!業者選びの重要性

原状回復工事で悩んでいる方は必見!業者選びの重要性

室内工事

信頼できる業者を選ぶことが大切!

原状回復を依頼するときは、施工実例が豊富な業者かどうかを確認しましょう。賃貸物件の施工実例が豊富な業者は、不動産仲介会社から信頼されていると理解できます。不動産仲介会社は、できるだけ必要最小限の原状回復に留めようとするのですが、入居者から徴収してある敷金も予算として使用できるので、定期性と安定性も重視しています。賃貸経営をするための不動産を所有しているオーナーは、自己負担金が発生しないようにすれば良いので、基本的に不動産会社に一任しているのが現状です。入居者は退去するときに、少しでも敷金が返還されることを期待していますし、敷金の還付率が高ければ満足度も高くなりますから、入居者からの評価が高くなります。入居者からのアンケート結果を不動産会社は参考にしますから、不動産会社からリピートされている業者は信頼性が高いです。

作業員

工事実績を見て判断しよう

業者の施工実例には、写真とデータの両方からチェックするようにしましょう。写真は施工実例写真であり、部屋の写真です。ビフォーとアフターの比較ができるのが理想的です。アフターだけの場合が多いのですが、アフターだけの場合は、新築同様の内装かをチェックします。建物の構造体である柱と梁が健在ならば、内装は一新できます。内装の一新は、新築同様になります。壁紙の張替えは見映えに影響しますが、予算としては比較的に少なめで済むのもポイントです。床材は再塗装すると光沢感が生まれますし、耐久性が生まれます。壁紙と床の表面の写真が豊富な業者は、原状回復に自信のある業者だと判断できます。あいまいにしている場合は、予算次第の可能性が高くなります。壁紙と床材の写真を提示できる業者は、原状回復の技術と料金のバランスが良いです。